夏の帽子はどんなデザインや色を選ぶべきか

夏に大活躍するアイテムと言えば帽子です。

では、熱中症対策や日焼け防止効果を考えた場合、どんな帽子を選ぶとよいのでしょうか。

紫外線を通しづらい色は黒と言われ、濃い色は日焼け防止効果が高いそうです。

とは言っても、黒は太陽光線を吸収するので暑いですよね。

そこで、UVカット加工が施された帽子を選びましょう。

UVカット加工なら涼しい白の帽子でも、日焼けを防いでくれます。

帽子のデザインですが、熱中症対策だけならキャップのように前だけツバがある形でかまいません。

でも、紫外線対策をするなら、ぐるりと一周ツバのあるデザインが顔も首も首の後ろもガードしてくれます。

ここでポイントになるのがツバの長さで、ツバが短いほど紫外線カット率は下がります。

理想は、7cm以上の長さが欲しいところです。

夏といえば麦わら帽子ですが、目の粗いデザインだと紫外線を通してしまいますので、目の細かいデザインを選びましょう。

また、生地の厚い方が日焼け防止になりますが、あまりに厚いと今度は体感温度が上がってしまいますので程々に。

これら条件を満たすお気に入りを探してみてください。アリシア 店舗