これだけが進んでないような気がしている事と言うが

熊本地震が発生して1年が過ぎましたがこれは最初の大きな揺れと言うが日が変わってから更に大きな揺れがあった事でこれが本震となった。
夜に発生した地震と言う事で朝や昼が起きた地震はすぐにわかると言うが夜に起きた事で被害がわかるでわからなかったと言う。

この様な地震が起きると一番気になるのが避難所生活だと言う事になるが学校に避難する人が多かったが今回は夜中に大きな地震があった事で利用が出来ない所もあった。
特に役所などはこうした全壊する所が多かったと言うか九州は車を持っている人が多くここで過ごした人もいる。

地震のたびに起きるこの様な生活が多いと言うもどうかなのと気になる所もあると言う。
特に仮設住宅が建設しても予定の所が遠いと拒む人もいた。

今回の地震で改めて思ったのが生活の基礎が最初から始める所があると言う。

これは仕事もそうとなるか一時的に解雇された人も多く中には復帰しないまま離職する人もいる。
中には共同して起業もした人もいるのでこの様な人が立ち上がっていることもある。

この様な人がいる限り復興へはまだまだだと思っているかも知れないと言う事になるのです。エピレ 2箇所 500円