身長を伸ばす 方法

身長を伸ばすことは、実は誰にでも出来ます!

身長を伸ばすことは、実は誰にでも出来ます!

 

身長が低いのは親からの遺伝だからどうにもならない…と諦めてしまっている方もいらっしゃるでしょう。
しかし単刀直入に言うと、身長と遺伝は実はさほど深い関係はないのです。

 

管理人である私の両親の身長は、父親が168cmで母親が153cmですから、至って普通…というよりは、どちらかと言えば身長の低い遺伝子を持って生まれてきたと言えるでしょう。
しかしそんな私の身長は、高校生の時点ですでに180cmありました。

 

両親のみならず、私の家系に身長の高い人が誰もいなかったので、本当は自分は拾われてきた子なんじゃないか?などと考えたこともありました。

 

しかし父親と私は顔が瓜二つなので、私は正真正銘、168cmの父親と153cmの母親の子供に間違いありません。

 

実は私の身長が高くなったのには、一応理由があります。
その理由とは、「成長期に牛乳をたくさん飲んだ」ということです。

 

成長期だったころ、「牛乳を飲むと身長が伸びる」とよく聞かされていました。
当時はまだインターネットなどはなく、情報源と言えば両親や友達、そしてテレビくらいしかありませんでした。

 

当時の身長を伸ばす方法の定番は、カルシウムを摂取すること…つまり牛乳を飲んだり、魚を食べたりすることくらいしか無かったのです。

 

私は特別身長が高くなりたかった訳ではないのですが、牛乳も魚も好きだったため、よく摂取していました。
また、成長期で膝などが痛かった時期になぜか牛乳をたくさん飲んでいたのを思い出します。
少し触っただけで膝が痛いような急激な成長期の時に牛乳をたくさん飲んだおかげか、身長が一般的な人よりもだいぶ高くなりました。

 

小学生の頃は身長順で真ん中くらいでしたが、中学校を卒業する頃には後列に、高校を卒業する頃には後ろから数えて2〜3番目くらいだったと思います。

 

このような私でも身長を伸ばすことが出来たわけですから、食べ物やタイミングさえ気を付ければ、誰でも身長を伸ばすことが可能なのです。

 

しかも、カルシウムと言ったら牛乳と魚というくらいしか情報が無かった時代の話です。
今の時代には身長を伸ばすための様々なものがありますから、そういうものを使えば容易に身長を伸ばすことが出来るのではないでしょうか。

 

こちらではそのような、誰にでも身長を伸ばせる方法をお話ししていきたいと思いますので、身長を伸ばす方法を知りたい方は是非このサイトに載っている情報を参考になさって頂きたいと思います。

身長を伸ばすための3大要素を御存知ですか?

身長を伸ばすための3大要素を御存知ですか?

 

ここからは、冒頭にお話ししたものとはだいぶ内容が変わってくることと思います。
なぜなら、冒頭でお話したことは単なる私の体験談であって、ここから先は最先端の身長を伸ばす方法をお話していくからです。

 

最初にお話ししたことと矛盾などが生じてくる可能性も有りますが、そういう部分も踏まえた上で分かりやすくお話ししていこうと思います。

 

身長を伸ばす為の3大要素を御存知でしょうか?
それは、「食事」と「睡眠」、「運動」です!
身長を伸ばすためにそれらがどのように重要なのかを解説していきます!

 

まず食事についてですが、冒頭の私の体験談を読んで
「とにかくカルシウムを摂取すればいいんでしょ?」
と思われた方もいらっしゃると思います。しかし実は、最新の身長を伸ばす情報としては、カルシウムを摂っても身長は伸びないと言われているのが現実です。

 

…では、私がここまで身長が伸びたのはどうしてなのでしょうか…。
…まぁ、続きを見ていくことにしましょう。

 

カルシウムを摂取しても身長は伸びない…その理由として、カルシウムは骨を丈夫にする栄養素であり、骨を「伸ばす」栄養素ではないからであるということが挙げられます。

 

…なるほど。
なぜか妙に説得力がありますよね。
骨密度とか言いますし…。

 

では、骨を伸ばしてくれる栄養素は何なのかと言えば…
【たんぱく質】なんだそうです。

 

たんぱく質といえば、骨というよりは筋肉というイメージの方が強いですよね。しかしなんと、たんぱく質は身長を伸ばすための栄養素としてもとても重要なのだそうです。

 

たんぱく質は細胞を作る栄養素であり、骨の元となるものを作ります。
そしてたんぱく質によって作られた骨をカルシウムが丈夫にしていく…これが、身長が伸びるために欠かせない栄養素の秘密というわけなんです!

 

…となるとやはり、カルシウムも身長を伸ばすために大切な栄養素ということになりますよね?
言われてみれば、牛乳を飲んだり魚を食べたりしていたのと同じ時期に、肉も好きでかなり食べていました。
その中でも鳥のささみが好きでしたので、身長を伸ばすための最高の栄養を無意識のうちに摂取していたようです…。身長が伸びた訳ですね。納得です。

 

2つ目の「睡眠」に関してですが、骨を伸ばす「成長ホルモン」は睡眠中に分泌されるそうです。

 

その中でも特にホルモンの分泌のゴールデンタイムと言われているのが午後10時〜午前2時ですから、この時間帯に睡眠をとるのが望ましいと言えます。

 

小、中学生の頃は夜更かしをした日でも午後11時くらいには寝ていた記憶があるので、無意識のうちにゴールデンタイムに睡眠をとっていたと言えるでしょう。

 

そして、最後に重要なのが「運動」です!

 

しかし実は、どんな運動でも良いからガッツリやれというわけではないんです。
適度な運動をして、骨に刺激を与えるくらいがちょうど良いそうです。

 

例えばサッカーなどは、足の骨に刺激を与え過ぎてしまい身長が伸びなくなってしまうケースも多いようです。
一方、バレーボールやバスケットボールなどはジャンプを多用するスポーツです。
そのジャンプが身長を伸ばすために有効に作用すると考えられており、身長が伸びるスポーツだと言われているのです。

 

…いかがでしょうか?

 

ここまで身長を伸ばす方法を見て来て、なんだか誰にでもすごく簡単に出来そうな気がしてきませんか?
特に小、中学生のお子さんなら、基本的には親が作った料理を食べ、親に言われた時間に寝る年齢なので、親のしつけによって身長を伸ばすことが可能なはずなんです!

 

さらに、現代には身長を伸ばす方法の一つとして、身長を伸ばすために生まれたサプリメントがあります!

 

私の時代にはこのようなサプリメントはありませんでしたが、今挙げた身長を伸ばす方法とサプリメントを併用すれば、身長を伸ばす為に効率よく体にアプローチ出来るはずなのです。

 

もし私の成長期の頃にこのようなサプリメントがあったなら、私の身長はさらに高くなっていたかもしれませんね(笑)

 

正直これ以上身長が高いと逆に不便だと思うので、サプリメントが無い時代が成長期で良かったのではないかと思います。。。

 

ちなみに、身長が高ければやはりスポーツなどでも有利ですし、異性にもモテるのではないでしょうか。
今では女性でも、160〜165cmくらいが理想の身長と言われているようです。

 

男性の方は、180cmが一つの区切りであることは今も昔も代わりありませんね。
是非高い身長を手に入れるために、早速先ほど挙げた食事、睡眠、運動の3つを意識して生活してみましょう!

 

何も意識しないで生活をするよりは、確実に身長を伸ばす効果が出てくるはずです!

 

大事な事なのでもう一度言います。
身長はカルシウムだけ摂取しても伸びないのです!
たんぱく質だけ摂取しても伸びません!
そしてもちろん、サプリメントだけでも伸びませんよ!

 

大事なのは、カルシウムとたんぱく質を意識的に摂取し、さらにサプリメントを併用することなのです!
これに加えて睡眠もしっかりととり、適度な運動を心がけましょう!

 

身長を伸ばす方法は、出来るだけ早く実行することが大切です。
まだ骨が成長段階にあるうちに、速やかに骨にアプローチして下さい。
大人になってから後悔しても遅いのです!
今やれるべきことをしっかりやっておきましょう。